<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:28 5 2017

みなさんは
からだの部位によって、
脂肪がつきやすいところとつきにくいところがあるのをご存知でしょうか?

からだの部位の中で
脂肪が最もつきやすいのは、ヒップだといわれています。

次にヒップの近くにある、腰に脂肪がつくといいます。
腰周りに脂肪がついてくると、
次のターゲットとして、多くの人が悩む腹に脂肪がついてきます。

続いて、胸に脂肪がつくようになり、
その後大腿部に脂肪がついていきます。

次に、肩や上腕部といったいわゆる二の腕周辺に脂肪がつき、
最終的には、ふくらっぱぎが脂肪がつき出すといわれています。

減量を実践すると…
先ほどあげた脂肪のつきやすい順番とは逆に、
脂肪というのは落ちていくといわれています。

ですから、まず最初に
ふくらっぱぎについている脂肪が落ちていきます。

そして最終的には、
腰周りについている贅肉がなくなっていくという
メカニズムになっているらしいんですよね。

よく女性の方で
減量したはいいけれど、
落ちてほしくない胸が落ちていっている…という悩みを聞きます。

で、その割には
腹の贅肉はあまり取れないというわけです。

しかし上の順番で見ていくと、
胸の脂肪が先に落ちるのは自然の成り行きなんですよね。

もう少し我慢していれば、
必ず腹周りの脂肪が落ちてくるはずです。

女性の人は一般的に、
皮下脂肪がつきやすい体質であるといわれています。

皮下脂肪のほうが、
上にあげたような脂肪のつく順番というのは
顕著に出てくるそうですよ!

こういったからだのメカニズムを知っておくことも
減量には有利じゃないでしょうか?

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック最新情報配信ステーション